テーブルクロス・テーブルランナーとお揃いでお使い頂けるのシートクッション。
中材には高反発と低反発のウレタンを使用。
体圧分散により体への負担を軽減します。
中身は低反発面(ブラウン色)を上にしてご使用ください。
両面同柄の為、裏返してもお使い頂けます(柄の出方は異なります)。
カバーはファスナー式で、取り外して洗濯が可能です。

【ウィリアム・モリスのテキスタイルデザイン】

150年の年月を経て愛され続ける、モリスのテキスタイルデザイン
「家の中に、役に立たないもの、美しいと思えないものを置いてはならない」という言葉を残しているウィリアム・モリスは、絵画や彫刻など、美術館で鑑賞する装飾芸術品のことを「大芸術」、日常の暮らしや身のまわりの物を美しく彩る芸術品のことを、親しみを込めて「小芸術(レッサー・アーツ)」と呼びました。モリスが生涯をかけて取り組んだのはまさにこの「小芸術」。
人生の細部に宿り楽しみや幸福感を大切にするための芸術です。
62年の生涯で10人分の仕事をしたと言われるほど、精力的に仕事に励んだモリス。デザインの表現の追求のために、刺しゅうや染色、織物の技術も必ず自身で研究した、職人気質の人でした。

William Morris(1834~1896年)
19世紀後半、装飾デザインの分野で活躍した英国の芸術家。
傑出したインテリアデザイナーであると同時に、画家、詩人、グラフィックデザイナー、出版人、社会主義活動家と多彩な顔を持ち、それぞれの分野で目覚ましい業績を残した。
アーツ&クラフツ運動に影響を与え、近代デザインの父とも呼ばれる。

Morris Design Studio

モリスのデザインを引き継いだ英国サンダーソン(現ウォーカー・グリーンバンク社)のライセンスのもと、
「川島織物セルコン」は、そのデザインを織物で表現し、「Morris Design Studio」のブランド名で展開しています。

ウィリアム・モリス フルーツ柄

モリスのデザインの中でもよく知られるこのフルーツ柄は、当初刺繍の柄としてデザインされ、後にモリスの第2作目の壁紙として1864年に製作されました。
4本の異なる果実の枝によって構成されるこの柄は、中世のモチーフから発想を得たこと、そしてモリス夫妻の最初の家であるRed Houseの庭にあった果実の木からも由来しているようです。
木版型のやわらかく味わいのあるタッチを、植物で表現した柄です。



仕様・サイズ


■色:(ア)イエロー (イ)グリーン
■サイズ:幅46・奥行44・高さ6cm
■素材:ポリエステル100%、中身…ウレタンフォーム
■固定用ひも付き
■日本製


この商品には別途配送料590円(税込)がかかります。


スタッドレスタイヤ ヨコハマ アイスガードシックス iG60 175/65R15 84Q & エクシーダー E05 5.5-15 タイヤホイール4本セット 175/65-15 YOKOHAMA iceGUARD 6 iG60

早い者勝ち モリスデザインスタジオ ジャカード織シートクッション〈フルーツ〉 742907 機能素材タイプ-その他 早い者勝ち モリスデザインスタジオ ジャカード織シートクッション〈フルーツ〉 742907 機能素材タイプ-その他

早い者勝ち モリスデザインスタジオ ジャカード織シートクッション〈フルーツ〉 742907 機能素材タイプ-その他

【7月特集】 噴火リスク

噴火リスクにどう備える?数百年、数千年に1度と言われるような自然災害は、知識では分かっていても、実際に体験した人がいないため、何が起こるのかを予測することは極め…

特集一覧>